除雪ドローンver.2.0

開発中/商談受付中

フル電動 小型

本モデルは、スズキ株式会社製「電動モビリティベースユニット」をベースにし、新たにオリジナル開発しています。
本体の重量を約90キログラムに抑え、自宅敷地内だけでなく、大型除雪機が入れない事業所の敷地内通路や大型除雪機が入れない商業施設、公共施設の敷地、駐車場などの広いエリアをパワフルに除雪することができます。
全地球測位システム(GPS)やセンサーカメラなどで位置情報・周辺情報を取得し、ドローンに搭載した自動操縦ユニットで位置や速度を制御します。

車両本体が長さ0.9メートル、幅0.6メートル、高さ0.5メートルと大型除雪機に比べて小型なため、狭い場所の除雪も可能です。
豪雪地帯において冬の時期に雪が積もらないようにするためには、昼夜問わず常に雪かきし続ける必要があり、人力で行うのは難しいため大量に積もった雪を労力をかけて雪かきすることになります。

本除雪ドローンを使用することで、「夜中にセットして朝起きると除雪できている」という状態を作ることが可能になります。
今冬、北海道および山形などの豪雪地帯にて、実際の運用を想定した実装テストを実施、ローンチに向けた開発を進めています。

現在、商談を受け付けております。
ご要望をお聞きしてご利用用途に合わせたカスタム開発も含め、対応ご相談にのらせていただいておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。
資料請求・お見積り・導入のご相談はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

開発意図

北海道など豪雪地帯では大量の雪が長時間にわたって降ることから、除雪が適宜行われないと生活に大きな影響が出ます。

企業の敷地などでは大型重機を使用して除雪しますが、重機が入れない建物の壁際や出入り口の周辺では、人力や小型機械による除雪が必要となります。雪を放置すると扉や窓の開閉に影響が出たり、場合によっては雪の重みにより建物の破損に繋がるといった危険があるため、除雪は日常における必須作業です。

除雪ドローンver.2.0はこのような課題を解決するため、雪のある建物周辺の自動・遠隔操作による正確な除雪ドローンの開発を行い、建物の周辺を正確に除雪することにより除雪作業に伴う負担を軽減し、最終的に雪国の除雪作業人員不足を解消します。

仕様

形状
電動モビリティ
サイズ
全長 0.9m x 全幅 0.6m x 全高0.5m
* 本体のみ、排土板等搭載機器含まず
重量
92kg
* 本体のみ、排土板等搭載機器含まず
装備重量
N/A
最高速度
前進 6km/h 後進 6km/h
実用登坂角度
8度(走行路面状態によって変化)
連続走行距離
30km(常温、積載100kg、平たん路にて前進最高速度で走行時)
稼働時間
5時間(常温、積載100kg、平たん路にて前進最高速度で走行時)
バッテリー
SC38-12(12V35Ah) x 2
推進方式
DC24V・210Wx2(30分定格出力)
安全性能
・非常停止ボタン
・障害物検知センサー
その他装備
・自動操船ユニット「eb-NAVIGATOR2.0」
・アプリ「eb-CONNECT v2」