会社概要

わたしたちの目的は産業革命によって広まった石油エネルギーに依存した生活から脱却し、自然エネルギーを活用した持続可能な社会を実現することです。

航空型ドローンが一気に普及し、さまざまな領域で活躍したように、水上ドローンも同様に広がっていくことでしょう。我々が注力する帆船タイプは風力をダイレクトに推進力に使うことで、これまで必要だった補給、充電といった手間が不要となり無限に航行することも夢ではありません。

既成概念にとらわれず、新しい領域を拓くためにバックグラウンドの異なるプロフェッショナルが集結し、力を合わせてまだ見ぬ地平を目指しています。

会社概要

会社名
エバーブルーテクノロジーズ 株式会社
設立
2018年12月
代表者
野間恒毅
本社所在地
東京都調布市緑ヶ丘二丁目67番地1号フェリーチェ緑ヶ丘A2
活動拠点
逗子海岸、御前崎、飛島、シンガポール
事業概要
水上を中心としたドローン技術の開発、設計、運用、製造販売及び関連サービス

チーム・メンバー

Tsunetake Noma
CEO

上智大学院理工学研究科電気電子工学専攻博士前期課程修了後ソニー入社。ネットサービス、3Dコミュニティサービス開発運営。NYUに留学し、IoTを学ぶ。元スタートアップ企業CTO。ソフトウェア開発、ITが専門、自動車、モーターサイクルなどモビリティにも詳しくライター業も行う。小型船舶免許、無線従事者免許有。

Yasuaki Sakina
CMO

慶応大学で電気工学を学び、1983年に修士号を取得し、日本鋼管株式会社に入社。半導体センサーの研究などに従事した後、1990年にカリフォルニア大学バークレー校電気工学科博士前期課程を修了し、修士号を取得。1992年に、研究者からビジネスの世界に大きく舵を切り、当時IPO前のソフトバンク株式会社に入社し、社長室で孫正義社長の下、技術戦略の視点から、事業戦略立案・新規事業企画を担当し、1994年のIPOにも貢献。その後、それらの経験を活かして、コンサルティング会社の立ち上げ、マイクロソフトでのマーケティング、SAPでのアライアンス・事業開発を歴任。直近は、2016年から孫泰蔵氏が率いるMistletoe Communityにジョインし、様々なスタートアップを支援。宇宙スタートアップispaceにも事業開発担当として参画

Leo Rogers
CCO

University of Hawaii卒、運動生理学とリハビリテーション学専攻。Blue Planet Software社にでPJコーディネーター、イベント、Webデザイン。ハワイ発日本向け企画、メディアサポート事業立ち上げ後、R Bridge LLC起業独立。アクセラレーターBlue StartupsやInternational Moonbase Allianceでコンサルタントやメディア管理。ハワイのコワークスペースBoxJelly&The Companyのパートナーとして投資事業開拓。

Koh Sueda
Drone Specialist, PhD

Senior Research Fellow, Smart Systems Institute, National University of Singapore
武蔵野美術大学造形学部卒業後、(株)ボルテージ、デジタルハリウッド(株)などを経て、2013年東京大学大学院にて博士(学際情報学)取得。2010年よりシンガポール国立大学にてヒューマンコンピュータインタラクション、メディアデザイン・アート、情報可視化などの研究に従事。SmartSail project, カラスと対話するプロジェクト主宰。

Akihiro Kanai
Yacht Designer, PhD

スタンフォード大学大学院航空宇宙工学修士、東京大学大学院工学研究科船舶海洋工学博士。ともに流体力学、CFDを研究。1995、2000年のニッポンチャレンジ技術スタッフとして、アメリカズカップに参戦。2000年5月有限会社ACTを設立。2003年、イギリスGBRチャレンジの主要デザインメンバーとしてアメリカズカップに再挑戦。2004年よりレーシングヨットの設計および大型商船の船型開発などを手掛ける。

Yuki Takeda
PR Specialist

大手カーナビメーカーのPR部門を立ち上げ、企業ブランディング、危機管理広報、SNS管理、広告宣伝、イベント運営など幅広いプロモーション活動を担当、商品企画などを経て傍ら、個人活動としてメディア主催イベントのディレクターとして活動。2017年から企業の視点に立ったコーポレートブランディング、メディアリレーション構築、イベント企画運営などを得意とするPRエージェントとして活動。最先端テクノロジーベンチャーや、エンタテイメント企業などの広報、イベンターとして多くのクライアントをサポート。

Randy MacKay
Ardupilot Lead Developer

クレディ・スイス銀行、バークレイズ証券、HSBC、J.P. Morganを経て、2012年よりJapan Dronesファウンダー。世界で最も先進的で広く使われているオープンソースUAVシステム「ArduPilot」のリード開発者。開発ロードマップの調整を含むプロジェクトの多くの側面を担当。

Yutaka Shiozawa
3D Technical Advisor

自動車業界の機械設計者時代に3D CADに出会い、世の中が変わると確信し外資系ソフトウェアベンダーへ。製造業に対する3D CADの技術提案・システム導入などを経て、建築土木、エンターテイメント業界など幅広い業界向けに3Dテクノロジーによる生産性向上・イノベーション創出の支援。Autodeskに18年在籍後、3Dテクニカルコンサルタントとして独立。デジタル技術を活用したものづくりを広めるため、企業向け支援、個人でものづくりを楽しむMAKERや子供向けSTEM教育など、老若男女問わず3Dテクノロジーの啓蒙活動を行っている。

Toshimasa Kawai
Community Advisor

外資系クリエイティブ人材のコンサルティング、メーカーとのブランド、商品開発の後、ロフトワークに参加。クリエイティブdivのリーダーとして大規模デジタル系プロジェクトを手がける。シンガポールの広告代理店でデジタルストラテジックプランナーとしてアジアパシフィックのプロモーション企画を経て、2012年にFabCafe立上げに携わり、COOとして世界10拠点展開やテクノロジーxコミュニティを主体としたプロジェクトを多数手掛ける。

Makoto Nagasawa
Project Coordinator

早稲田大卒後に位置情報サービス、通信カーナビの企画開発を経て、Unoh、Zynga、Kayac、Cygamesなどゲームパブリッシャーでゲーム開発運営ディレクター、プロジェクトマネージャーに従事。現在、IoT家電開発スタートアップにてプロダクトマネージャーとして製品開発を推進、海好きが高じてEverblueのプロジェクトに参画。一級小型船舶免許所持。

Hideaki Nii
Engineer, PhD

電気通信大学大学院電気通信学研究科機械制御工学博士。事業会社で画像伝送、油圧装置制御回路設計、ロボット電装系開発後、東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻の助教、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の特別研究講師、シンガポール国立大学 KEIO-NUS CUTE CENTERの訪問研究員として、VRに関する研究に長年従事する。株式会社IIJイノベーションインスティテュートの研究員としてネットワークとVRに関する研究等を手掛ける。

Yasuhiro Oguri
Yacht Advisor

関西学院卒、ヨット部で2013年度インカレ個人戦優勝、MVP選手賞受賞。日本代表選手に選出され、西半球東洋選手権大会U21部門で日本人初優勝。2014年、NEC入社。市町村行政システム営業の他、海を活用した街の再開発検討事業などを経験し、海のIT活用による可能性と法律の厳しさを知る。2019年、ITベンチャーにてシステム営業を学びつつ、国家資格である小型船舶操縦士資格を国家試験免除で提供できる教員免許を取得し、日々海の法律、操縦技術、知識を伝えている。小型船舶免許、無線従事者免許有。

Akiko Kikuchihara
Office Manager

神奈川県出身。新卒で半導体商社へ入社。秘書、営業サポート、社内の仕組みづくりなどを経験。出産/子育てを経てスタートアップなどを支援する会社にジョイン。Back office、コミュニティサポート業務を経験後、2018年に独立。主にスタートアップなどへ様々な角度からサポートを行なっている。2021年7月よりeverblue Tecnologiesへ参画。主にback officeを担当。

メンバー募集

現在、募集中の職種です
ドローン開発エンジニア