AST-181(E-towingコラボモデル)

トーイング用大型ラジコンボート「E-towing」とコラボ自動化モデル「AST-181 」は自律航行・牽引が可能で、海難救助や安全監視、水上レジャーでの伴走などに活用できます。

以前から開発・実証テストをしてきた通称「浮き輪ロボ」の製品版で、海や湖、川などで流されたり落水した際の水難救助を目的として、スマートフォンアプリなどのデバイスを使った救助要請の発信で、自動的に落水者まで航行し救難支援する事が可能です。音声起動のSOS機能で落水者の位置まで自律的に航行し停止、その後RTL(Return to Launch)コマンドで岸まで牽引救助する機能をもちます。
また、SUP、カヌー、カヤックなどの小型舟艇の水上移動に伴走し、荷物運搬や外部からの自撮り撮影を行ったり、フォイルサーフィンを牽引し自動で送り迎えさせるといったレジャー用途での活用も想定しています。

本モデルは、自動操船ユニット「eb-NAVIGATOR2.0 E-towing コラボモデル」をトーイング用大型ラジコンボート「E-towing」に装着連動させた商品で、専用アプリ「eb-CONNECT」からマップ上に目的地設定する操作のみで遠隔操船できるほか、利用者のあとをボートに追随させたり、呼び寄せることができます。

<想定される活用イメージ>

難しいとされる落水時の速やかな救助を実現する

水上のアクティビティは小型船舶や水上オートバイ、ミニボート、SUP、サーフィン、ヨットなど多種多様に渡っています。落水はライフベストを装着していたとしても低体温症など別の要因で命を落とす危険性があり、落水した場合は速やかな救助が求められます。一人で行動していた場合や、仲間とはぐれてしまった、海況が悪い、夜間などは発見されにくいためとても危険です。
昨今、水上での活動においてもスマートフォンなどを携帯するのが安全の面からも推奨され一般化されつつあり、落水時に救難情報を身内などに送るスマホサービスも出てきています。

「E-towing コラボモデル AST-181 」は、スマホアプリから救難情報を送ると同時に、落水者の場所へ直接救命浮環を届けることで、迅速に救護活動を支援することを目的としています。
落水者がスマホアプリなどのデバイスからSOSを発信すれば、自動で浮環や救命いかだを牽引した水上ドローンAST-181が駆けつけるため、水面に安全に待機する時間を確保し、レスキューの救助を待ったり安全な場所まで自動牽引することができます。
海水浴場や、港湾施設、釣り人が集う埠頭などの沿岸部で不意な落水があった場合などにも自動で落水者の初期救護支援を行うため、施設管理者にとっても負担が少なく安心です。

<海上実験動画> https://youtu.be/Mkk_z_RQ710
資料請求・お見積り・導入のご相談はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

仕様

形状
モノハル:セールN/A
サイズ
全長 1.8m x 全幅 0.7m x 全高 0.6m
船体重量
57kg
装備重量
90kg
最高速度
35km/h
巡航速度
15km/h以上(滑走時)
航続距離
12km(最高速度時)
最大牽引力
68kg(釣り用小型ボートのような一人乗りゴムボート程度)
稼働時間
20分〜100分(使用状況による)
バッテリー
48V 35A
推進方式
電動水流ジェット x 2機
安全性能
・人に危害を加えにくいプロペラ完全内蔵、突起物がない船体
・転覆しても自動復元する船体構造
その他装備
・自動操船ユニット「eb-NAVIGATOR2.0 E-towing コラボモデル」
・iPhoneアプリ「 eb-CONNECT」
オプション
衝突軽減フェンダー(浮き)
販売希望価格(参考価格)
400万円(税別)
※運送費、サポート、メンテナンス、クラウドサービス利用料は含まず、別途ご相談。原材料、為替などの変動により価格の一部が変更されることがあります。