Products

Solutions

さまざまな産業シーンの課題を解決

わたしたちのプロダクトは、日々積み上げていくテクノロジーによって、その活躍の用途がどんどん広がっています。
再生可能エネルギーの風力をダイレクトに推進力に使うためコストも安く地球温暖化ガスも出さない。同時に適用範囲が広く、持続可能な世界を構築する大きな要素技術となり、様々な産業シーンの課題を確実に解決する商品やサービスを生み出していきます。

Products

自動操船化ユニット eb-NAVIGATOR 2.0

小型ヨットや小型ボート、既存船外機を自動操船化(ドローン化)し、無人稼働可能にするユニット無人操船ヨット(帆船型ドローン)で実証実験を重ねたノウハウを集約し、遠隔から自動操船するコントローラーと通信部分をユニット化した製品です。

誰でも簡単に既存のボートやヨットなどの舟艇を無人・自動化することが可能になり、小型の魚群探知機や海洋調査機材などの計測機器を搭載し、水上・水中を長時間調査したり、人件費や燃油代といったコストをかけずに、水上パトロールや運搬、輸送、移動手段にするといったシーンでご活用いただけます。

everblue CONNECT

誰でも簡単に自動帆走・遠隔操船ができるスマホアプリ。

オリジナルiPhoneアプリ「 everblue CONNECT」は、クラウドサーバーと連携し、一般的な携帯電話回線である4G/LTE/3Gサービスエリアにユーザーと水上ドローンの所在地があれば、世界中どこからでもリアルタイムで状況を把握できるテレメトリーが可能です。

プログラムによる自動帆走、遠隔操船も可能。機体が4G/LTE/3Gサービスエリア外になっても、水上ドローンの自動操船は継続されるため、心配はいりません。

これまで専門的知識が必要だったプロポ(無線操縦用送信機)や操作が難しい専用ソフトを不要とし、誰でも簡単に水上ドローンを操作することができます。

自動帆船化オプション

オリジナルセールとラダーをセットした自動帆船化オプション
「eb-NAVIGATOR2.0」と組み合わせることで自動航行、遠隔操縦することができます。ボートの動力を風力とのハイブリッドにすることが可能です。

日本ではあまり使われず放置された放置艇が数多くありますが、燃油代がかからず、操船の手間を軽減、無人化できる自動操船ユニットと自律帆走化ユニットはコストをかけずに放置艇を再活用、同時に廃船を減らすことで持続可能な社会へ貢献します。

AST-181(E-towingコラボモデル)

トーイング用大型ラジコンボート「E-towing」とコラボ自動化モデル「AST-181 」は自律航行・牽引が可能で、海難救助や安全監視、水上レジャーでの伴走などに活用できます。

以前から開発・実証テストをしてきた通称「浮き輪ロボ」の製品版で、海や湖、川などで流されたり落水した際の水難救助を目的として、スマートフォンアプリなどのデバイスを使った救助要請の発信で、自動的に落水者まで航行し救難支援する事が可能です。

音声起動のSOS機能で落水者の位置まで自律的に航行し停止、その後RTL(Return to Launch)コマンドで岸まで牽引救助する機能をもちます。また、SUP、カヌー、カヤックなどの小型舟艇の水上移動に伴走し、荷物運搬や外部からの自撮り撮影を行ったり、フォイルサーフィンを牽引し自動で送り迎えさせるといったレジャー用途での活用も想定しています。

本モデルは、自動操船ユニット「eb-NAVIGATOR2.0 E-towing コラボモデル」をトーイング用大型ラジコンボート「E-towing」に装着連動させた商品で、専用アプリ「eb-CONNECT」からマップ上に目的地設定する操作のみで遠隔操船できるほか、利用者のあとをボートに追随させたり、呼び寄せることができます。

AST-201(オリジナル無人帆船型ドローン)

遠隔・自動航行が可能な製品として市場導入に向け試験運用、トライアル販売中の全長2mの帆船型ドローンです。
小型貨物運搬、水上・水中撮影、魚群探索、水上警備監視、海洋調査、救難・捜索活動支援、洋上巡回・警備監視などの活用を想定しています。

これまで開発・実証テストを行ってきた「Type-Aプロトタイプ」、「Type-Xプロトタイプ」の実績を受けて培った無人帆走技術を適用し、本格的な実用モデルとしてリリース。モノハル(単胴船)としたことで復元力を増し、波浪が大きい場合でも沈しにくい構造で安全性を高めています。
また「衝突予防安全装置」を装備し周囲を監視、衝突回避を行います。

操作はオリジナルスマホアプリ「eb-CONNECT」の自動操船機能を使って目的地をセットするだけで誰でも簡単に操船することができます。
最大18kgの装備を積載可能。基本は風力を使った帆走で、風が弱い場合や離着岸で補助動力として使うモーターを装備、人件費や燃油代といったコストがかからないため、これまで採算がとれず実現ができなかった水上パトロール用途でも活躍することが期待できます。

AST-231(hanzaコラボモデル)

「AST-231」は転覆しにくい安全なヨット「Hansa」を自動化した帆船型ドローンです。

「Hansa」は、誰でも乗れるようにとのコンセプトで展開する、転覆しにくい安全なヨットとして親しまれているオーストラリア発の製品です。 子どもから高齢者、障がい者の方など、どなたでも難しい練習などをせずに簡単に帆を操って船を走らせることが可能な小型ヨットです。
帆船型ドローン「AST-231」は、この「Hansa」と、エバーブルーが提供する自動操船化ユニット「eb-NAVIGATOR2.0」「eb-CONNECT」を組み合わせることで、誰でも簡単に操船者なしの自動航行船として利用できるようにしたモデルです。

本製品は風力のみで推進するため稼働時間が長く、10時間の連続航行が可能です。
最大積載量は100kg以上、有人・無人で航行することで様々な用途でご利用いただけます。
操作はオリジナルスマホアプリの自動操船機能を使って目的地をセットするだけで誰でも簡単に操船することができます。
人件費や燃油代といったコストがかからないため、これまで採算がとれなかったり、継続できなかったりといった課題で実現が難しかった用途での利用も検討いただけます。

小型の魚群探知機や海洋調査機材などの計測機器を搭載しての水上・水中の長時間調査、物資運搬・輸送、水上パトロールなどの警備監視や移動手段といったさまざまなシーンで活用できます。

Current Projects

開発中または実証実験中(PoC)のプロジェクトです。開発進捗に関してはNEWSページをご覧ください。
Type X (PoCモデル)

最大100kgのペイロードをもつ全長5mクラス帆船型ドローン「Type-X」。
2020年に開発した2mクラス無人操船トリマランヨット(帆船型ドローン)Type-Aの拡大版として、Type-Aで培った無人帆走技術を適用して開発、海上テストを行ってきました。

Type-Aでは約5kgだった積載能力(ペイロード)は最大100kgの20倍に拡大、離島間の無人貨物運搬や非常時の救援物資輸送など様々な用途に対応できる実証機として開発しています。

船長が必要な有人の動力船では人件費や燃油代からコストが見合わない離島間の貨物運搬や、非常時や災害時に陸路が使えず孤立した沿岸部の海岸へ直接着岸して支援物資を無人で送り届けるなど、「水上の軽トラ」とも呼べる最大100kgのペイロードを活かして様々な用途に活用することを想定しています。

Type P (PoCモデル)

目的地までは高速に飛行、着水後は帆走により長時間滞在、稼働する水空両用ドローン「Type-P」。護岸されていない河川や、岩礁が多い海域など、エントリーが難しいエリアへ飛行してアプローチしたり、目的地が沿岸から離れている場所などへ飛行して移動、その後着水することで、活動水域までの移動時間を短縮することが可能。

既存固定翼機をベースに自動帆走機構やセンサー、各種IoT機器の搭載を可能にするための設計を独自に行っています。特許出願済。

Type A (Proof of Concept /PoCモデル)

自動帆走技術を応用して魚群探索、捕獲補助、海洋調査などを実現する帆船型ドローン。
自律航行させる際に安定的かつ高速航行が可能となるよう、トリマラン構造、3Dプリンタを使い3Dモデルから直接出力することで工期短縮を実現しました。

安全面では衝突回避のための各種センサーや本体船体にバンパーのような衝撃吸収機構を取り入れるなど対策を行い、逗子海岸などをベースにロングランテストや自動航行、夜間航行などの実証テストを行いました。

Type B (コンセプト&モックアップ)

洋上で長時間待機、滞在することを目的として「モノリス」をイメージしたデザイン。海中に浮かぶ灯台や移動可能な海洋調査ブイ、または航空型ドローンと組み合わせて洋上充電基地として使用することを想定しています。

Type C (コンセプト&モックアップ)

帆船型ドローンが魚を見つけて追尾することで漁業者の作業を効率化し人件費や燃料費を削減、「漁業をスタイリッシュな職業にする」というコンセプト。運搬しやすく射出・展開が可能な格納、着水後の展開をサポートする変形可能なデザインを実現。沈した際に自動で一度格納、展開することで復元することも可能です。

project Hydroloop

2030年代、洋上の再生可能エネルギーを水素に変換、帆船型ドローンで消費地や使用する舟艇に直接デリバリーする洋上水素エネルギーサプライチェーンを構築することで、エネルギー問題を解決しようというコンセプトのプロジェクト。